豊胸手術で自慢の胸を手に入れる|自分の魅力を引き出そう

脂肪注入法の特徴

水着の女性

一石二鳥の手術

体についた無駄な脂肪を取れるうえに、さらにバストアップもできるという一石二鳥の手術が「脂肪注入法」です。脂肪注入法は、数ある豊胸手術のうちのひとつです。豊胸手術では、バストにボリュームを出すためにインプラントや注入剤を入れます。脂肪注入法では、自分自身の身体から採取した脂肪細胞を注入します。最初に脂肪を除去する「脂肪吸引手術」をして、気になる部分についた脂肪細胞を取り出します。そして取り出した脂肪細胞を注射器でバストに注入してボリュームをアップさせます。皮下脂肪にある程度厚みがある部位なら、どこでも脂肪吸引ができます。ダイエットとバストアップが同時にできて、体のラインに女性らしいメリハリを作ることができます。

最新の脂肪注入法

従来の脂肪注入法では、取り出した脂肪をそのままバストに注入していました。しかし、最近は、コンデンスリッチやピュアグラフトなど、脂肪細胞の純度を高めてから注入する豊胸手術が普及しています。脂肪細胞をそのままバストに入れても、混じった不純物が邪魔して生着率が悪くなります。また、脂肪が石灰化して硬くしこりになるリスクも高くなります。普通の脂肪注入法をした場合、一年もすれば50%以上の脂肪が代謝されてなくなります。しかし、コンデンスリッチやピュアグラフトによる豊胸手術の場合は、血液や老廃物などを可能な限り取り除いて濃縮してから注入します。そのため、脂肪の生着率を80%近くまで上げることができます。一度生着した脂肪はそのままなので、効果は半永久的に続きます。